車まわりの英語

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

車は “car” 。消防なら “fire truck”、荷台があるのは “pick up truck” 。”vehicle” なら、車両、乗り物……。「車」といっても様々ですが、この記事ではバックミラー、ハンドルなど、車まわりにたくさんあるカタカナ言葉に視点をおいて、それぞれに対応する英語をチェックしてみました。

カタカナでも日本語?

まず、カタカナ言葉だけど、英語とは全く違うものです。

ハンドル

“handle”という英語はありますが、いわゆる日本語の「車のハンドル」のことではありません。車のハンドルは英語で “steering wheel” 。操縦輪?みたいな言い方ですね~。

フロントガラス

車前方の大きな窓は、”windshield” (フロントガラス)、windshield wipersなら、フロントガラスのワイパーのこと。

「風よけ」といわれると、西部開拓時代の馬車を想像したくなります。子供時代、ローラ・インガルス・ワイルダーの大きな森の小さな家シリーズに読みふけっていた影響かもしれません。次の言葉も前の時代の名残を感じますね~。

クラクション

horn“ =クラクション。

「クラクションを鳴らす」は、”press the horn” でもいいし、”honk the horn” でも。他に、”blow the horn” というのもあるそう。

バックミラー

rearview mirror = バックミラー。

rear は「後方」。

ボンネット

hood =ボンネット

food(食べ物)ではないので注意です。

シートベルトしめて!

シートベルト

シートベルトは、英語でも”seat belt” です。飛行機の機内アナウンスでもおなじみです。「シートベルトしめて!」は、”Fasten your seat belt!” でもいけますし、”Buckle up!”でもいけます。

シートベルトをしめる、しめない等は、国によって法律や習慣はそれぞれでしょう。”Buckle up!” のひと言で違反切符から救われることがある……かもしれません。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンド:gas station

日本語と似ているようで違います。

パンク

Flat Tire パンクしたタイヤ

We have a flat tire.


タイトルとURLをコピーしました