sit tight / Man proposes, God disposes

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

sit tight

今日、sit tight というidiomに巡り合いました。

sit tight は、文字通りの意味でなく、会話中の言いまわしとしては、「じっと座って待つ」という意味で使われます。これだけでは「は?」と思うかもしれませんが、文脈で出会えばわかりやすいです。

You did your best, so sit tight and wait for the result.

試験結果が気になってじりじりしてもじっと座って待ちます……。

Man proposes, God disposes.

そんな会話中に、「じっと待つ」からふと連想したのが「人事を尽くして天命を待つ」という言葉でした。

これは、直訳してみると、人が計画し(提案し)、神が決裁する というような意味になると思います。「人事を尽くして天命を待つ」_英語、と検索すると、さまざまな訳がでてきますが、私はこれが一番しっくりくると思いました。

私はこの言葉が好きで、結果の見えない何かにトライするときはいつもこの心境です。ベストをまず尽くす、そのあとで結果がついてこなくとも、それは「天命」であれば自分を責めなくてすみます。結果がうまくいけば、自信がつきますが、その場合も天の加護があったと思えば、高慢にならずに済むと思うのです。

人生の糧となる言葉は人それぞれだと思うのですが、お国は違っても似たような言い回しや諺があるのは、興味深いことです。国や文化が違っても、人の本質はそんなに変わらないのじゃないかと、時々思います。

世の中困難であればあるほど、心のよりどころが必要だと思うこの頃です……

タイトルとURLをコピーしました